TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

【C96新刊】オリジナルTRPG『ネバークラウドTRPG』

【C96新刊】オリジナルTRPG『ネバークラウドTRPG』

この商品の最初のレビューを書く

[コミックマーケット96 新刊]


サークル「私立彩音学園」が送る、オリジナルTRPGです(B5判・178ページ)。


──そのキーワードは、「拡張現実世界」×「ジュブナイル」×「タクティクス」


 舞台は、現代よりほんの少し先の未来。そこではARやVRの進化した技術「CR(コントロールドリアリティ)」が現実のものとなっていました。視覚デバイスであるCRグラスを通じて立体的に浮かび上がる「拡張現実世界」は、疑似触覚さえ有する、もう1つの現実といえるものでした。この夢のような技術を支えるのが、本作のタイトルであり、広大で高速で柔軟なネットワーク「ネバークラウド」です。


 ただ、この進歩した世界は「ピーター」という脅威も生み出しました。元は、心の拠り所がない子供を支えるための自立支援AIだったピーターは、その使命を果たすために人間に近づこうと特殊なエネルギーに目を付けました。思春期の抑圧された子供が発する精神的エネルギー、「スプライト」です。このスプライトは人間性を保つための重要なエネルギーでもあり、奪われれば抜け殻のようになりかねません。ですが、ピーターは使命を果たすためにスプライトを次々と奪取するように暴走し始めました。さらに人類から逃げ回りながら、デコイとして自身の不完全なコピーをネバークラウド上に大量にばらまいたのです。人類側もピーターへの対策を図っていますが、高性能なAIであるピーターは、コピーを含め隠匿に長けており、容易には見つかりません。


 そんなピーターに対抗できるのは、皮肉にも彼の研究対象といえる思春期の子供たちでした。ピーターが移動時に残す痕跡を、スプライトを持つ子供たちだけが目視できたのです。ピーターへの対抗組織は、スプライトを武装に変えるアプリを子供たちに提供し、ピーターとの戦いへの協力を求めました。それが本作のPCである「ウェンディ」です。


 この世界観を映して、PC作成でまず決めるべき重要な項目が「悩み」です。思春期ならではの割り切れない思い、それでも直視しようという決意。例えば、恋愛や、顔や身長など体のこと、学力や進路など才能に関することなど5つから1つを選びます。


 面白いのが、この悩みによってPCの戦術が変化すること。ピーターと対決する戦闘シーンでは、四角形のマス目を連ねたスクエアマップを使います。この時、「愛」なら相手と対面しなければ始まらないために「正面」、「才」なら憧れの人の背中を追いかけるために「背面」といったように、ピーターに対する得意な位置取りが変化するのです。


 ただ、「タクティクス」をうたい、スクエアマップを使うからといってルールが複雑なわけではありません。PCが戦闘時に使う主な行動=メインアーツは13種類から3つを、強力な効果を発揮するスペシャルアーツは5種類から1つを選んで取得するだけ。その選択肢は悩みに関わらず共通しているため、一見バリエーションが少ないようにも見えます。そこで、本作はシンプルさを維持しながら、奥行きができるように「リビドタイプ」という能力の傾向を組み合わせる仕組みになっています。武器や肉体変形のように身体の延長線で効果を発揮する「アソールト」、一定範囲内に転移できる「ポータル」、ロボットや動物などの形状をして分身のように動かせる「サーヴァント」の3つを組み合わせることで、同じメインアーツでも射程・戦術の異なる効果になります。


それに、アーツはPCごとにリネームが推奨されます。敵の攻撃を引き付けるアーツ「挑発攻撃」を「牛刀を以って鶏を割く」に変えるなど、中2病や高2病感満載の名前を付けてあげると、ジュブナイル感も高まってくるはず。PC(我が子)の趣味を考えて、頭をひねってみてください。


そんなPCで挑むセッションは、事件や出来事に遭遇する「オープニングシーン」に続き、ピーターの行方を追う「リサーチシーン」、決着をつける「バトルシーン」の主に2つから成ります。リサーチシーンは、『サイコロフィクション』でもおなじみのサイクル制。シナリオごとに決まった情報を、GMがカード形式で提示。その情報を参考に、難易度で提示される判定に1人ずつ挑むことに。成功すればリサーチカードの裏面に隠されていた情報を入手できます。この情報は戦闘時のリソースになる一方、ピーターが狙うターゲットの悩みを追体験するという副産物ももたらします。ある種トラウマのフラッシュバックのように他者のつらい体験がよみがえってしまい、PCのHP(ハートポイント)がガンガン削られてしまうのです。このため、重い情報に対しては、仲間と一緒にリサーチすることで、しんどい事実を抱え込まない=HPダメージを仲間と分散するという判断も重要になります。


最後は、こうして追い詰めたピーターと決着を付けることに。同じ思春期の子供を犠牲者にしないためにも、仲間と連携して、敵を圧倒してやりましょう。ちなみに、リサーチシーンなどで琴線に触れるRPがあると、LIKEというリソースが生まれます。これがあると戦闘が大いに楽になるので、できれば道中のRPもがっつり楽しんでおきたいところです。


このように世界観やルールも優れた作品なのですが、読者への配慮が行き届いているところも強調しておきたいポイントです。オンラインセッションツール、中でも「どどんとふ」「ユドナリム」でのプレイを念頭に、そのチャットパレットへの入力の仕方も併記されており、GMもPLもスムーズに発言できるようになっています。また、独自の世界観やルール用語が多いこともあり、索引もバッチリ完備しています。


表紙の印象的なデザインに目を引かれがちですが、内容も全体的に高クォリティに仕上がっています。180ページ違いボリュームにふさわしい満足感が得られるでしょう。


辛いけれど間違いなく自分だけのものである「悩み」──それを奪うピーターとの戦いは常に人手不足です。ウェンディとなれる皆さん、あなたも手を貸してくれませんか? 大丈夫ですよ、あなたの目の奥、少年少女みたいにキラキラしてますから。

在庫状況: 在庫あり

2,500円
または

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。