TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

【ゲムマ17春新刊】オリジナルTRPG『カタナ・ジェノサイド』

【ゲムマ17春新刊】オリジナルTRPG『カタナ・ジェノサイド』

この商品の最初のレビューを書く

[ゲームマーケット2017春 新刊]


サークル「エテルシアワークショップ」が送る、和風オリジナルTRPGです(A4判16ページ)。


江戸時代と似て非なる国、「戦国」。そこは、「邪鬼」が人や動植物などに憑りつくことで生まれる怪物「鬼」によって脅かされていました。しかし、そんな鬼と対峙できる唯一の存在が、PCである「武芸者」です。


武芸者は、国に所属していたり、恨みがあったりと鬼を殺さねばならない存在とは限りません。ただ、鬼を殺すだけの際立った強さを持つだけなのです。ゲームではクラス制で、足軽や浪人、忍者、歩き巫女など7つのキャラクタークラスがあります。兵法(いわば戦闘スキル)が異なるほか、クラスによっては、特殊な情報収集ができる忍者の「忍び符丁」、収入や歓待を受けられる歩き巫女の「かぶき舞い」のようなクラス別の特殊アクションもあります。


能力値はクラスにかかわらず12点をそれぞれ、戦闘時に使う「バトル能力値」、非戦闘時に使う「エブリデイ能力値」に振り分けて作成するので、クラスのイメージと一見異なるキャラクターも作成可能です(パワー型の忍者など)。


そんな能力値で挑む判定は、本作独自の「DR判定」。6面体ダイスのうち、6を失敗、それ以外の出目を達成値として、目標値以下なら成功です。非戦闘時の判定ならダイス1個で、戦闘時はダイス3個から2個を選ぶ形で、達成値を求めるというもの。ただし、出目6が出ても、判定の強化や兵法などのリソースとなる「気合」を獲得できるので、損ばかりではありません。


戦闘では、攻撃なら「力斬り」「当て斬り」「撫で斬り」、防御なら「回避」「受け流し」「護身」という3種類の、それぞれ基準能力値が異なる選択肢があります。兵法は、特定の攻撃方法や防御方法の成功を発動条件とするものもあり、その組み合わせや駆け引きが重要になります。


こうした武芸者で、「戦国」の世界を練り歩きましょう。邪鬼に憑りつかれていると思しき闇将軍・家康に支配された穢土や、その支配下にある軍団長である豪族たちが勢力を広げつつある今、武芸者であるPCの力が求められているのです。


ルールブックとしてはコンパクトながら、遊び甲斐のある和風TRPGをお楽しみください。

在庫状況: 在庫あり

Only 7 left

400円
または

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。