TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

【C94新刊】少女展爛会サプリメント『どこか土の下』

【C94新刊】少女展爛会サプリメント『どこか土の下』

この商品の最初のレビューを書く

[コミックマーケット94 新刊]


サークル「SimpleCrafts」が送る、少女同士の“百合”な関係を楽しむTRPG『少女展爛会』のサプリメント第3弾です(B5判64ページ)。


主人公を少女でなく少年に変えるBLサプリメントの『Infinite BabeL』、遊び方の理解を深めるとともにGM向けの実践的なアドバイスを盛り込んだ『素敵な花壇の造り方』に続く、第3弾では、ルールの大胆な拡張に取り組んでいます。


基本ルールブックからあった要素「カタストロフ」(Infinite BabeLの「タナトス」)は、PCが屋敷からの脱出や、少女からの成長など「屋敷」との決別となりかねないリスクのこと。一部の特技を使用すると増加し、PCに破滅をもたらしかねない危険なものでした。ただ、比較的コントロールしやすく、致命的な状況になることは珍しいものでもありました。


今回の拡張ルールを採用する場合、このカタストロフをシナリオに組み込むことになります。ショウアップ進行中に、カタストロフが自動で上昇。放っておけば、PCもNPCも屋敷から放逐されてしまいます。PCはカタストロフにつながる原因を突き止め、なくすべく行動することになるでしょう。


さらに、カタストロフの効果をPCたちの破滅でなく、特定の事柄の失敗にまで「弱毒化」させ、シーンごとの緊張感を高めるルールも組み合わせることで、これまで以上にカタストロフをセッションの推進力として活用できるようになるのです。


この他、『少女展爛会』としては異例ながら、屋敷の地下倉庫や大花壇をダンジョンとして探索したり、戦闘(喧嘩)したりできる「プチクエスト」「物理」ルールも追加。心の駆け引きを大事にして生きた同作品の柱こそ変わりませんが、よりバリエーションのある遊び方をシステム的にもフォローできるようになりました。


もちろん、新要素ということで、プチクエストに対応したシナリオも2本を収録。未知の世界に踏み出した、『少女展爛会』の新たな体験をお楽しみください。


知らないってとても素敵
それだけたくさんの初めての出会いが
待っているってことだから
胸を張っていってらっしゃい

在庫状況: 在庫切れ

720円

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。