TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

【ゲムマ18秋 新刊】オリジナルTRPG『灰色城綺譚』(プレビュー版)

【ゲムマ18秋 新刊】オリジナルTRPG『灰色城綺譚』(プレビュー版)

この商品の最初のレビューを書く

[ゲームマーケット2018 新刊]


──灰色城と呼ばれる城がある。
──その城は呪われていた。


サークル「かりかりうめ」が送る、オリジナルTRPGです(B5判56ページ)。


ゴシック小説の一様式として知られる、城や屋敷を訪れた人々が悪意ある出来事に翻弄される物語には、エドガー・アラン・ポーの『アッシャー家の崩壊』、スティーヴン・キングの『シャイニング』など多くの名作が存在します。本作は、そんな呪われた城「灰色城」を舞台に、怪奇や幻想、悲劇や破滅を味わうという一風変わった作品です。


その特徴は、「ハッピーエンド」「血沸き肉躍る冒険」「多数のデータを組み合わせたキャラクター表現」がほとんどないというところに表れています。PCの戦闘能力・スキルなどのデータは一切ありません。あるのは性格の傾向や、PC間の感情のみ。ただ、ゲームは制限があればこそ生まれる妙があり、本作はそこを生かすことでゴシックらしい雰囲気をセッションにもたらしています。


その主人公となるPCは3人。人数が決まっているのは、本作において選択と決断が特に重要だからです。PCは開始時に配られるハンドアウト「囁き」によって、2つの方向性が示されます。友人と妹のどちらが大事なのか、自分が本当に愛するのは誰なのかなどの「惑い」です。それぞれにある惑いは、いずれも二者択一の問いというべきものであり、PCはいずれを選ぶ(切り捨てる)べきかという答えを出さねばなりません。


この揺れ動く心を翻弄するように、灰色城では怪奇と幻想に満ちた出来事が起こります。そんなPCの心を表現するため、本作では独特のシートを用意しています。


それが、PCの心に渦巻く感情を表す「運命儀」です(サンプル画像2枚目)。アナログの時計盤のようなシートで、当初は白と黒のマーカーを、時計でいう1時頃と7時頃に配置します。マーカーとマーカーの間、時計まわりの盤面がそれぞれ、善意や平穏などを表す「白の領域」、悪意や不安などを表す「黒の領域」になります。セッション中、感情を揺さぶられる出来事に直面することで、白あるいは黒のマーカーが時計回りに1マスずつ動くことに。つまり、善意を強くするなら白の領域が広がり、逆に不安が高まるなら黒の領域が広がっていくわけです。


この領域の拡大は、想像以上にプレイヤーを悩ませます。本作で行動の成否を判断するために行う判定は、運命儀の中心にペンを立て、その倒れる方向の色を当てるという形式を取ります(12面ダイスでの代用も可)。このため黒の領域が増えていると、善意や友情などの理由で行動する場合に成功確率が低くなってしまうのです。また、シーン最初にも運命儀の判定を行い、シーンの雰囲気を定めるため、黒の領域が増えたPCが多いと、必然的にセッションは破滅へと加速していきます。


ただ、プレイヤーはその破滅を受け入れることも、抗うこともできます。登場人物の葛藤や決断、交錯する人間模様を描くことが本作のテーマであり、魅力なのです。データを極力排除し、白・黒の感情による葛藤を際立たせるシステムによって、ゴシック小説のような暗い輝きを放つ物語を生み出しやすくしている本作。ゴシック小説やストーリーテリングを好む方なら、ぜひ体験していただきたい作品です。


このようにプレビュー版でありながら十分に魅力的なシステムになっていますが、同サークルでは完成品とは考えていません。この新手のTRPGを楽しみ、そして、さらにクォリティを上げるため、サークル様のHPにご意見・ご感想をお寄せいただければと思います。

在庫状況: 在庫あり

Only 7 left

800円
または

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。